子宮筋腫・子宮内膜症・不妊・生理痛・子宮腺筋症・婦人科疾病・つわりを 自宅でたった3分で解消する方法

子宮筋腫治療方法

トップページ

子宮筋腫治療方法(FUS・UAE)

子宮筋腫の治療方法には色々ありますが、お腹を切らず治療する方法にFUSとUAEというものがあります。手術でお腹を切りたくないと願う方には、もってこいの治療法です。


このFUSとは

FUSとは、Focused Ultrasound Surgeryの略で、集束超音波治療の事です。MRIで病巣を撮影しながた、数百本の超音波ビームを1点に集中させて、その熱で筋腫を焼灼するという、2000年頃から始まった治療法です。痛みや副作用が少なく、治療時間に時間はかかるようですが、日帰り治療が出来ます。同じ姿勢を保ちつつ、照射・冷却を繰り返し、治療範囲をくまなく焼灼します。


UAEとは

UAEとは、UTERINE ARTERY EMBOLIZATIONの略で、至急動脈塞栓術の事です。右足の付け根からカテーテルを挿入し、子宮筋腫に血液を送っている子宮動脈だけを詰め、筋腫を小さくさせる治療方法です。手術の時間は1時間程度で、その後3時間は安静にします。傷が残るのは、右足付け根の注射痕のみです。

入院日数は3~4日ほどです。卵巣への影響がまれにあるようです。FUSとUAEは、条件として原則として妊娠を望まないという事です。短所は、無効例がある、妊娠・出産への影響不明、症状改善に時間がかかる、再発の可能性などがあります。費用も他の手術に比べて高額になりますので、じっくり検討してから行うようにしましょう。





















a:1381 t:2 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.79
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional