子宮筋腫・子宮内膜症・不妊・生理痛・子宮腺筋症・婦人科疾病・つわりを 自宅でたった3分で解消する方法

子宮筋腫とセックス

トップページ

子宮筋腫とセックス

子宮筋腫がある方や子宮筋腫の手術を受けた方は、『セックスしていいのかしら、大丈夫かしら・・・』と疑問に思った事があると思います。未婚の方の中には、何となくセックスをするのが不安なので拒んでしまって、パートナーに申し訳ないなと思ってしまう方もいらっしゃるようです。


  • 子宮筋腫があるとセックスはしてはいけないのでしょか。

まず、子宮筋腫の手術を受けられた方ですが、核出術の場合、術後およそ1、2か月でお腹の傷が落ち着きますので、セックスも含めて生活はまったく普通にできます。子宮全摘術の場合には、膣の奥にある子宮がなくなっていて、その部分を縫い合わせています。つまり、術後は膣の一番奥の部分が、縫い目になった状態です。

日常生活は核出術と変わりなくできますが、ペニスが当たる膣の奥の縫合部が
完全にくっついていなければならないため、セックスは、最低でも2か月以上、縫合後の状態によってはさらにそれ以上控える必要があるようです。それから初めのころは膣断端への刺激を避けるため、あまり深く挿入しないほうがよいようです。

子宮筋腫がある方も、セックスをするのは問題無いようです。『セックスで症状が悪化するのでは?』といった心配もないです。ただし、子宮口に近い位置に筋腫ができていると、セックスの時に押されて痛い事があるようです。痛みなどがある場合は、医師に相談される方がいいかもしれません。体に無理の無い範囲で、パートナーシップを取っていくという事が大事ですね。



























a:7612 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 4.79
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional