子宮筋腫が不妊の原因となる理由

子宮筋腫と不妊

トップページ

子宮筋腫と不妊

子宮筋腫が不妊の原因となる理由

子宮筋腫は不妊の原因と言われています。子宮筋腫の症状が軽い方でも、不妊の原因が他に見当たらない時は、子宮筋腫が原因になっていると先生に言われてしまう事もあるようです。子宮筋腫が不妊の原因と言われるには理由があるようです。子宮筋腫ができると子宮は大きくなり、その形もデコボコになる為、受精卵が着床しにくくなるというのが理由です。

粘膜下筋腫(筋腫のコブが子宮内腔にある)場合、子宮内に避妊リングを入れているのと同じ状態になる為、更に妊娠の条件は悪くなります。また、せっかく着床しても子宮が硬く、収縮しやすい為、知らないうちに流産してしまう事もあるようです。子宮筋腫がある方で、他に不妊の原因がはっきりしない、繰り返し流産になってしまうというような方の中で、筋腫を取り除く手術を受ける事で、妊娠・出産をされている方が多くいらっしゃるようです。

また、子宮筋腫があるからといって、必ず不妊というわけではありません。筋腫をもったまま妊娠される方もいらっしゃいます。子宮筋腫があるからといって妊娠を諦める必要はないという事です。
































a:1027 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 4.79
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional