子宮筋腫・子宮内膜症・不妊・生理痛・子宮腺筋症・婦人科疾病・つわりを 自宅でたった3分で解消する方法

子宮筋腫と出産

トップページ

子宮筋腫と出産

子宮筋腫がある人でも妊娠は可能ですが、少し問題もあります。子宮は妊娠すると柔らかくなり大きくなりますが、筋腫があると子宮は硬くなっている事が多く、そして大きくなりにくく、一旦大きくなってもちょっとした刺激で子宮が簡単に収縮してしまい、その結果として、流産してしまうという事があります。

早産の危険性もあります。子宮筋腫がある方は、妊娠したら流産・早産に十分注意する必要があります。他にも子宮筋腫がある人の妊娠が危険だと言われる事があります。妊娠中に子宮筋腫の部分に強い痛みを感じる・出産の時に赤ちゃんが下がってくるのを邪魔する・胎盤が出た後の出血が多くなる事がある
・出産後に子宮筋腫が軟化し感染を起こして高熱が出る事がある・悪露が出ずらい事がある、などです。

このような事がおこるかどうかは、子宮筋腫の大きさと出来ている場所、このような事態が起こりうると考えて、対処をするかどうかによるようです。子宮筋腫があると、帝王切開になると心配される方もいらっしゃいます。子宮筋腫は、妊娠の経過と共に軟らかくなるものが多いので、筋腫のサイズが小さくて軟らかくなっていれば、赤ちゃんの頭が筋腫を越えて下がってくる事ができるので、帝王切開しないで分娩する事ができます。筋腫が子宮の出口付近にあり、赤ちゃんの頭が下がってこれそうにない場合は、帝王切開の確率は高くなるようです。経過によって、自然分娩・帝王切開に分かれるという事になりますね。



























a:1226 t:2 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.79
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional