子宮筋腫、、、手術後にしてはいけないこと・・・

子宮筋腫の手術後

トップページ

子宮筋腫の手術後

子宮筋腫、、、術後にしてはいけないこと・・・子宮筋腫の手術を受けた後、すぐに手術前の生活に戻ろうと焦ってはいけません。焦って無理をしたら、体を壊してしまいます。このページでは子宮筋腫の術後に気をつけなければいけないことをご紹介します。


子宮筋腫手術後の食生活に気をつける

手術後の食事制限は特にありません。なので、良質のたんぱく質や鉄分、ビタミンを中心に摂っていきましょう。良質なたんぱく質は肉類から、鉄分は小魚やレバーから、ビタミンは緑黄色野菜や果物から摂ることができます。食事の制限はありませんが、お酒は医師に相談し許可がでてから少しだけ飲むようにしましょう。


  • 仕事は一ヶ月は休もう

術後一週間は安静にしている必要があります。その後どれくらいで仕事を始められるかは体調をみながらになるのではっきりとは言えませんが、一ヶ月は休んだ方が良いかもしれません。事務職の人は特に問題ありませんが、立ちっぱなしや重い物を持つ仕事の人はこまめに休憩をとるようにして体への負担を軽減させましょう。


  • お風呂はシャワーで済ませよう

手術をした傷口が完全に塞がるのに一ヶ月かかるので、それまでは湯船につかるのは避けましょう。傷の治り具合などをみて医師から許可がでれば湯船につかっても大丈夫です。また、体を洗うときは傷口を刺激しないように柔らかいガーゼのようなもので優しく洗うようにしましょう。


  • 性交渉は術後一ヶ月後から

一般的には術後一ヶ月で傷口は完全に塞がると言われています。しかし、やはり治りには個人差があるのできちんと医師に傷の治りを確認してもらい性交渉をしても大丈夫かどうか聞いてください。医師から許可がでれば性交渉を行っても大丈夫です。

治っていない状態で性交渉を行ってしまうと激しい痛みが伴うばかりか感染してしまう危険性もあります。無理せずパートナーと協力して傷が完治するのを待ちましょう。また、術後しばらくは自転車や車に乗るのも避けた方が良いですよ。前と同じことができないからと焦って無理をしても傷の治りを遅くするだけです。焦らずゆっくりと休養して傷を治していきましょう。



















a:2060 t:1 y:2

powered by Quick Homepage Maker 4.79
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional